計画的な不動産探しのポイント|理想の住まいを見つけましょう

問題がこじれることも

インテリア

経験豊富なところが良い

親から借地権を相続したが、地主から請求された名義変更料が適正かどうかわからないとか、自分では住まないのでどうしてよいかわからないという悩みを持つ人は少なくありません。土地に関する問題が生じた時には弁護士、売りたい時には不動産会社に相談に行くという人がほとんどですが、借地権がからんでいる場合にはそういったところに行っても解決できないことがあります。借地に関しては法律と不動産取引に関する知識両方が必要になります。弁護士や一般の不動産会社では知識に偏りがあったり、経験も少ない為スムーズに解決できません。かえって問題をこじらせてしまい地主が売却の承諾を出さなかったり、必要書類を提出してもらえなくなることもあります。借地権の問題は難しい上に大変デリケートなので、経験豊富な専門家に相談することが大切です。借地を専門に扱っている不動産会社もあります。専門業者なので借地問題を多数取り扱っており、問題解決能力にたけています。地主との交渉に慣れているほか、更新料や建て替え承諾料などの適正価格もわかっているので法外な料金を請求された時には頼りになります。また不動産会社なので借地の買取りも行っています。相談する時に心配になるのが費用のことです。不動産に関することなので相談しただけで高い費用が必要になるのではないかと心配する人もいますが、こういった借地専門の不動産会社の中には無料で相談を受け付けているところもあります。小さな問題でも相談にのってもらえるので安心です。