計画的な不動産探しのポイント|理想の住まいを見つけましょう

不動産登記の専門家です

室内

紛争仲介なども行います

不動産を所有している人は多く見られますが、所有者は必ず登記を行う必要があります。その際に役立つ人として、土地家屋調査士がいます。東京にも土地家屋調査士が各所に存在していますが、特に不動産登記に関する専門性を有しているのが特徴です。不動産登記については、不動産を所有している人が、国の所轄官庁へ届け出をしなければならない事が前提になっています。しかし、不動産に関する登記、その他の内容は、かなり複雑でもあり専門的な内容となります。そこで専門的な知識と技術を有する土地家屋調査士が、必要な作業を行う役割を果たします。例えば、東京で不動産を所有する際にも、どこからどこまでがその人の所有する範囲となるのかが問題になります。つまり、土地の測量が必要になる訳です。土地所有者が、勝手に所有範囲を主張したり、変更を行う事はできません。延々と違う土地所有者が周辺に存在している状況でもあり、公平性が重要になります。正確な土地の測量を行うのも、土地家屋調査士の仕事なのです。どこの家についても、外見でどの範囲までが特定個人の所有地であるか、表示している訳ではありません。それ故に、所有する土地に関する紛争が発生する事があり、東京でも裁判案件になる事があります。いずれかの人物から申し立てがあった場合には、土地家屋調査士が測量に当たる事になります。言い換えると、紛争になる以前に土地家屋調査士を利用する事で、所有権を主張できるという事も意味します。不動産は、分割して所有する事などもありますので、東京で不動産相続などが発生した場合にも、土地家屋調査士に要請する事ができます。土地家屋調査士は、不動産登記などに関するエキスパートとして、必要性の高い存在になっているのです。